介護のお仕事のスペシャリスト

食事する男女

日本では、高齢者の数が増えてきた事によって、たくさんの高齢者施設が増えてきています。まだまだ高齢者施設の数は増えてくることが予想されているため、介護の求人も数が増えてきています。介護のお仕事には、資格を持っていなくても働くことは可能ですが、資格を持っていることで、安定した収入を得られるというメリットがあります。介護のお仕事につくために便利な資格に、介護士という資格があります。介護士は、介護福祉士といい、国家資格です。資格を持っていることで、介護のお仕事につくために必要な知識やスキルを持っていることを示すことができます。介護福祉士の資格は、国家資格であることから、働くために必要なスキルを雇用側または、介護を受ける高齢者に示すこともできるようになります。介護福祉士を目指す若者も増えてきているだけではなく、30代以降の方や年を重ねてから資格を取るというかたもふえてきている、魅力の高い資格です。

デメリットも知ることで働きやすい職業

女性

介護士のお仕事は、最大の魅力は、求人の数が多いということです。求人の数が多いことで、自分にあった仕事先を選ぶことが可能となります。自分の希望にあった仕事先や、希望する賃金や雇用形態も選べるメリットがあります。高収入を希望している場合には、働ける時間が多い仕事先を選ぶということも可能であり、賃金の高い夜勤を選ぶということも可能です。また、活躍できる仕事先には、高齢者施設だけではなく、訪問介護などさまざまな仕事先があります。介護のお仕事は、食事のサポートから高齢者のリハビリをサポートなどさまざまな知識だけではなく、時には力も必要となります。介護のお仕事に就くことで、腰痛や肩凝りなどの症状になやまされるかたも少なくないため、働くには自分の体もケアする必要があります。介護士としてのスキルをきちんと身に付ける事で、介助に必要な力を軽減させてあげる事もできるため知識が必要な職業となります。

働くことで得られるメリット

手

介護士のお仕事は、求人が多いだけではなく、仕事先によっては、資格手当てを得られる可能性も高くなります。介護福祉士としての資格を持っていることで、収入アップを目指せるだけではなく、さらに働きながらスキルアップも目指せます。介護のお仕事は、日々働きながらスキルを磨いていくことができる夢のあるお仕事です。また、介護士の資格を持っていない場合でも、介護の現場で働くことができるのも、介護の仕事の魅力です。働くことで実務経験をつみ、研修を受けることで受験資格を得ることもできます。専門学校にかよい、資格を得るという方法が人気となっていますが、実務経験や福祉高校で資格を得るという方法も人気となっています。一度資格を取得することで、ブランクがあっても働きやすい資格ともなっています。実際に近年では希望する数も増えてきているため、育児を終えた女性が活躍、また男性の介護士の数も増えてきている魅力の高い職業ともいわれてきています。

広告募集中